贈るタイミングがある|結婚祝いを贈る際に思いを届けるための工夫をCheck
Happyweddedlife

Happyweddedlife

思いを伝えるための時期を逃さないで!結婚祝いで気をつけること

贈るタイミングがある

贈り物

親しい人ほど気をつけよう

誰もが社会人としてのマナーを気にしながら生活をしていますが、親しい友人が結婚することになったら「いつでも伝えられるしいいか!」ということになってしまいがちです。親戚ならまだしも、友人だとそういったマナー関係のことは指摘しにくいですので、できればちゃんと思いが伝えられる適切な時期に結婚祝いなどは贈るようにしましょう。

大安吉日を選ぶ必要はない

もし結婚祝いをベストなタイミングで渡したいと考えるなら、吉日を選ぶという人もいますが、そういったことまで気にする必要はありません。これは現代になるに従って変わっていった風習なので、縁起を担いでいる人であれば大安の日を選ぶのも良いでしょう。送付するのも大丈夫ですので、できるだけ挙式よりも一ヶ月前には届くようにすると良いです。

連名の場合のし書きに注意

結婚祝いを贈る際はのしを付けることになりますが、連名の場合は特に名前の書き方を気をつけるようにしましょう。社会人であってもかなり難しいので、不安な人はインターネットなどで調べてみた方が良いです。会社の上司が含まれている場合は役職上位の人を中央に書くようにしましょう。役職が関係ない同僚の場合は中央揃えで大丈夫です。のし書きもお店で頼んでおけば、正しい表記で作ってくれるので安心です。

失礼に当たらないようにする

尊敬する人や友人にお祝いを贈る際には、自分の気持ちを伝えられるようにする必要があります。良い品物を送ったとしても、タイミングや渡し方を間違ってしまえば、気持ちがうまく伝わらなくなってしまうのです。

結婚祝いを贈る際のマナーで知っておきたいことはコレ!

お金を贈る場合の相場はなんですか?

品物やお金を結婚祝いで贈ることになりますが、相場は地域によって異なりますので注意です。全国的には一万円以下が一番多いですが、結婚式や披露宴に参加する場合のご祝儀は友人であれば三万円が妥当な値段となっています。

挙式には参加しないのですが…

挙式に参加する人数は限られているので、その場合は挙式の後にお祝いを渡した方が良いです。送付するのであれば2~3週間後を目安に送っていくのがベストとなります。なぜかというと、式の前に贈ると新郎新婦に気を使わせてしまうからです。